482   2018/09/30(日) 05:28:40
昨日起きたことでもやってる。
通勤時間帯に足が不自由な女性が居る。(20代前半くらい)歩行器のような杖を両手に持ち、足にも装具を着けていて、必ず同じ座席に座らせてもらっている。(優先座席ではない)
その人は私が乗る駅の次の駅から乗る人で、私も何度か譲ったことはある。
それで昨日のことなんだけど、物凄く疲れてて、急に寒くなったせいで体調が悪かった私はその席に座った瞬間、異常な眠気に襲われて眠ってしまった。
そしたら、ガンガンガンガンって鉄の響くような音でびっくりして目を覚ましたら、その歩行器の女性が目に涙をいっぱい溜めて、私のことを睨んでいた。
「はやく、変わって、くださいいいい」って泣きながら言われ、慌てて変わるものの、体調が良くなかったせいで目眩がしてその場にうずくまってしまった。
近くに居た女性と男性が「大丈夫ですか?」と声をかけてくれて、反対側の席の男子高校生が直ぐに席を変わってくれた。
目の前が真っ暗になっていたので、申し訳ないと思いつつお礼を言って席をかわってもらい、お茶を飲んでゆっくりしていた。
その日はまあまあ電車が混んでいて、その状況を見ていた高校生くらいの男女のグループが
「足悪いからってアレはなくない?」
「正直、酷いよね、譲って欲しいなら優先座席のところいけばいいのに」」
「ああいう障がい者が居るから、他の障がい者が迷惑かかるんだよねー」
みたいな会話をしていたのが聞こえた。
その時ちょうど、視界がハッキリしてきて、チラリと歩行器の女性を見ると、女性はまた号泣しながら私のことを睨んでいた。
そしたらそばにいたおじさんがそれに気づいたのか、「あのさ、あの人を睨むのおかしいだろ、そこは譲ってくれてありがとう、体調悪かったのに譲らせてごめんなさいだろ!」とその女性に言った。
すると女性はわんわん声をあげて泣き出し、次の駅(終点)に着いてもずっとしゃくりあげて泣いていた。
なんだか自分の責任のような気がして声をかけようと思ったが、近くにいた女性が「良いのよ、無視しな、体調悪いんでしょ」と引き止めてきて、まだ何となくフラつく私を改札まで送ってくれた。
女性は「私もあの子に無理やり席を変わらされたことあるのよ、妊娠中の時ね、あの席がエスカレーターに近いから、あの子、いつもあの席にしか座らないのよ
貴女、気にしなくても良いからね、みんなあの子に対して思うところあったんだから、体気をつけてね」
…と言ってくれた。
みんながあの歩行器の女性に対して嫌な気持ちを抱えていたとしても
私の今回の件で、確実に女性は傷ついただろうし、でも確かに私を睨んだりするのはおかしいし、ムカつく。
でも、足が悪いんだから仕方ないんじゃ…いや、だったら優先座席行けよ…とかなんか頭の中でモヤモヤが晴れなくて眠れないのでカキコ。


スポンサードリンク
483   2018/09/30(日) 06:22:28
>>482
その人は精一杯なんだろうね。でも座ってる人を追っ払って良いわけじゃない。
追っ払った人が辛そうにしてるのに睨んでるって何なんだろ。人の心が無いのかな。
これからどうするつもりだろうね、その人。付き添いを連れて障害者様を続けられたら厄介だね。
484   2018/09/30(日) 07:57:47
>>482
「優先座席のところいけばいいのに」

これが全てだと思う 貴方に非はない
エスカレーターまでの距離まで吟味して席譲らせて当然っておかしいよ
488   2018/09/30(日) 09:42:34
>>482
その歩行器女は繊細893のニュータイプだからもう気にしなくていいって
他人を助ける余裕が無いときは助けなくてもいいんだよ
491   2018/09/30(日) 10:42:47
>>482
嫌な思いをしたね
他に乗り合わせた乗客の言うように貴方が悪いんじゃないよ

私もその女性と同世代のころに杖をつかないと歩けない状態になったことがある
痛みのあまりに自分勝手な考えを持って八つ当たりな発言をしたことがある
冷静になったときになんて恥ずかしいことを言ったんだろうと頭を抱えた
その女性も身勝手さに気が付いて客観的に物事を見れるようになるといいけど
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字