アジア速報

国内、海外ニュースの速報まとめてます。

2018年02月

不倫相手の事が好きで嫁との離婚話を進めてたが、相手が急に距離を置きたいと言って来た。理由も分からないし、辛くて泣けてくる

  2014/12/01(月) 19:52:27.66

結婚後に、本気で愛せる女性と出会ってしまった…そんな運命の出逢いを成就させたい!!
そんな方達で話しませんか?



続きを読む

不倫相手の事が好きで嫁との離婚話を進めてたが、相手が急に距離を置きたいと言って来た。理由も分からないし、辛くて泣けてくる

  2014/12/01(月) 19:52:27.66

結婚後に、本気で愛せる女性と出会ってしまった…そんな運命の出逢いを成就させたい!!
そんな方達で話しませんか?



続きを読む

【直径8センチ】有田ヨシフ、北朝鮮工作員の迫撃砲弾について、発見場所(神戸市・西宮市・神戸市)と砲弾サイズまで言及 「迫撃砲は発見されていません」←wwww

 2018/02/21(水) 16:04:19

有田芳生?認証済みアカウント @aritayoshifu

阪神大震災のあと3発の迫撃砲弾(黒焦げ)が発見され、自衛隊が処理しました。場所はーー
1  兵庫県神戸市長田区御船通
2  兵庫県西宮市津門川町
3  兵庫県神戸市兵庫区湊川町
いずれも直径は約8センチ。
三浦瑠璃さんが主張する迫撃砲は発見されていません。
警察庁からの回答です。

https://twitter.com/aritayoshifu/status/965795465106083841



続きを読む

【結婚】女性の72%が「妥協してまで結婚したくない」!

  2018/01/04(木) 09:26:28.96



◆「妥協してまで結婚したくない!」そう思う?思わない?

【回答】
思う:72%
思わない:28%

グラフ




「結婚は生涯共にすることになるので、本当にこの人って思った人じゃないとしたくないです」(25歳/事務)

「1人でも充分楽しいし、無理して妥協してまで結婚したいと思わない」(26歳/製造)

「小さな妥協は良いですが、一番妥協したくない部分にまで妥協するくらいなら結婚したくはないです」(32歳/小売り)

「こんな男と結婚なのかと思うと、自分の一生がむなしくなっちゃいますから」(34歳/サービス)

https://woman.excite.co.jp/article/love/rid_DokujoStyle_31721/


続きを読む

【家計】最近の「お年玉」の相場は?

みつを ★ 2017/12/30(土) 10:59:35.82

https://dime.jp/genre/493029/

子どもの頃、お正月で最も楽しみだったのは「お年玉」という人も多いのではないだろうか。しかし今や、お年玉を我が子や親せきの子にあげる立場となっていることが多いだろう。大人にとってお年玉といえば気になるのは相場。そもそもあげることのメリットも気になるところである。今回はマナー講師のアドバイスの下、お年玉について大人向けに紹介する。

■最近のお年玉事情 子どもはどれくらいもらっている?

近頃の子どもたちは、お年玉としてどれくらいの額をもらっているのだろうか。

●小学生

まずは小学生の額からみていこう。

バンダイが2017年1月に実施した「小中学生のお年玉に関する意識調査」では、小学生がもらったお年玉の平均金額は次の結果となっていた。

【もらったお年玉の平均金額】
小学生全体:22,502円
小学1〜2年生:19,473円
小学3〜4年生:22,810円
小学5〜6年生:25,223円

●中学生〜社会人(20代)

LINE Research Platform×博報堂共同研究プロジェクト『若者インサイトラボ』が2017年1月の実施したお年玉に関する調査では、中・高・大学・社会人の20代がもらったお年玉の平均総額が分かっている。

【もらったお年玉の平均総額】
中学生:32,471円
高校生:39,195円
大学生:41,600円
社会人(20代):19,388円

■大人はどれくらいの額をあげているのか

では、お年玉をあげる側はどれくらいの額をあげているのだろうか。

LINE Research Platform×博報堂共同研究プロジェクトの同調査では、20代は39%、30代は63%、40代は70%の大人がお年玉をあげていることが分かった。そして平均総額は下記のようになった。

【渡したお年玉の平均総額】
20代:13,897円
30代:17,672円
40代:24,619円

■お年玉はいくらあげるのが妥当か

20〜40代は、お年玉を約1.5万〜2.5万円の間であげているようだ。では一人当たり、年齢別にどれくらいの額をあげるのがいいのだろうか。NPO法人日本サービスマナー協会のマナー講師 植田比呂子さんは、次のように話す。

「お年玉をあげる主な対象は、自分の子ども、甥っ子・姪っ子を中心とした親戚でしょう。一人平均3,000円で5名程度へあげていると考えられます。

一人当たり、小学生は1,000円〜3,000円・中学生は3,000円〜5,000円、高校生は5,000円以上をあげるのが相場のようです。大学生以上になるとお年玉をあげるかどうかは人により見解の分かれるところでしょう。20代の社会人もお年玉をもらっている人が少なくないようですが、個人的には成人したらお年玉は卒業と考えます」

また、お年玉の額はマナーの視点から考える必要もある。

「自分の子どもが相手の両親などからお年玉をいただいている場合は、額をそろえるのがマナーです。そうでなければ、あまり相場を気にせず無理のない範囲で。例えば、親戚の人数が多い場合は年齢に関係なく3,000円にしたり、小学生は一律1,000円にしたりするといいでしょう」

そもそも、お年玉をあげるかどうか迷うこともあるかもしれない。大人がお年玉をあげるメリットにはどんなことがあるのか。植田さんは次のことを挙げる。

●貴重なコミュニケーションの機会

「正直お年玉をあげるのは『仕方なく…』という方が多いでしょう。でも自分もそうだったように、子どもたちにとっては年に一度のお楽しみ。普段はあまり会うことのない親戚を身近でありがたい存在と感じ、お礼を言ったり言葉を交わしたりすることは貴重なことです。親同士もお礼を言い合うことで、会話のきっかけがつかめます。親戚付き合いが希薄になっているといわれる今の世の中、お年玉は貴重なコミュニケーションの機会と捉えてみるのもいいかもしれません」
(リンク先に続きあり)

取材協力
植田 比呂子さん
NPO法人日本サービスマナー協会マナー講師。

取材・文/石原亜香利



続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク