アジア速報

国内、海外ニュースの速報まとめてます。

【速報】桜島大噴火「100年ぶり桜島大噴火の不気味な兆候」大正噴火の灰地獄再来か

:海江田三郎 ★@\(^o^)/ :2015/01/18(日) 10:32:52.51 ID:???

http://wjn.jp/article/detail/1502404/
 「今後どうなるか何とも言えませんが、桜島といえば過去に死者を伴う
大噴火を起こしたこともある火山。今まで起きてきた100年に数回の大噴火が起きることも十分考えられるため、注意すべきです」
 こう語るのは武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏。

 桜島(鹿児島市)で、年明けから山が膨らむ山体膨張が観測されている。
気象庁は「地下のマグマが上昇しているため」とみており、火砕流を伴う大噴火を起こす可能性があるとして、
1月9日には地元民も避難訓練を実施している。
 「危険レベルは3で、昭和火口と南岳山頂火口から約2km以内への立ち入りが規制されている(1月11日現在)。
山体膨張は1日から6日にかけ観測され、その後も膨張した状態を維持。すでに地下の内圧の
増大によるガスや水蒸気を伴う爆発的噴火が、1〜4日に計21回、
5〜9日に計9回起きている。非常に危険な状態といえます」(サイエンスライター)

 桜島では一昨年、高さ5000mまで噴煙が上がり鹿児島市街地に大量の火山灰が降ったことは記憶に新しい。
その前年には、桜島を通る国道が一時通行止めになった。鹿児島地方気象台も、
これらと同規模か、それ以上の噴火が起こる可能性があるとしている。
 「最近の日本の火山は非常に静かでしたが、歴史を紐解くと通常は100年に4〜5回大噴火は起きる。
桜島に限っていえば、日本で起きた20世紀最大の噴火だった大正大噴火があるが、
これが約100年前の1914年。これまで静かだったからといって、
今後もその状態が続くとは限らない。むしろ、これまでがレアケースだったわけです」(島村氏)

 約1カ月にわたり爆発を繰り返し、大量の溶岩によって桜島と大隅半島が陸続きになった大正大噴火では、
その間にM7.1の桜島地震も発生し、計58人の犠牲者を出している。
 再び悪夢は襲うのだろうか。




続きを読む

【イスラム国誘拐】後藤健二母親会見「朝鮮馬山(マサン)」発言で各局CM入り!

:パロスペシャル :2015/01/23(金) 13:59:17.83 ID:4tVeIaX00

イスラム国に人質として捉えられている邦人、後藤健二さんの母親の石堂順子さんが今朝緊急記者会見を行った。

会見では1時間ほど行われたが会見は趣旨がずれ、反原発に関することや地球平和に関することまで語られた。
石堂順子さんさんは会見前にこの会見をやめるように周りに説得されたようだが、強行して会見を開いた。

そんな中の発言が問題となっている。会見41分ほどで「私の父は軍人です」と語り出し「朝鮮とかそういう所のかなりのトップだったと
思います。私にはいつも軍用車と三角形のヒラヒラする旗のある自動車で送られていました。しかし今は私どもはただ今は写真を
見ますとその時にわたくしのおじいちゃんなるもの教育者なのですが、本当に自分の姿で草履がけを履いて私の朝鮮馬山(マサン)の
宿舎へ訪ねてきた。私はつい最近までおじいちゃんが朝鮮へ来てくれたのって『恥ずかしいじゃ無い』と思ったことがありました。
しかし最近分かったことは、ちゃんとした格好をしてこれば家族や周りの人から反対されたんだと思います」

と語りだした。この中の発言の朝鮮馬山(マサン)が問題だったのかテレビ局は会見中にも関わらずCM入り。
石堂順子さんの祖父と思われる名前が「朝鮮軍管区司令官 馬山重砲兵連隊補充隊」として確認出来る。

テレビ局は上記の発言の中で「朝鮮」と連呼しておりCMに入るタイミングを伺っていたようだ。

http://gogotsu.com/archives/3351




続きを読む

【断末魔韓国経済】サムスンスマホ「ハードは5年前のレベル」「アンドロイドの格安スマホにも劣る」…インドで酷評

:ダーティプア ★@\(^o^)/ :2015/01/23(金) 13:02:00.74 ID:???

中国メディアの騰訊科技は21日、韓国のサムスン電子が中心となって開発したオペレーションシステム(OS)「Tizen(タイゼン)」
を搭載したスマートフォン「Z1」がインドで発売されたことを紹介する一方、同スマホがインドで酷評されていることを伝えた。

記事は、サムスンがタイゼンを通じて顧客の囲い込む環境を構築し、GoogleのOSである「Android(アンドロイド)」からの脱却を
目指していると伝える一方、タイゼン搭載のスマートフォン「Z1」はインドの消費者から「ハードは5年前のレベル」、「アンドロイドの
格安スマホにも劣る」、「アプリが少なすぎてヤバイ」などと酷評されていると紹介した。

続けて、サムスンはタイゼンと「Z1」によって新興市場のローエンドスマホ市場でシェアを獲得し、世界的にシェアを失いつつある
現状に歯止めをかける計画だったと紹介。一方、「Z1に対する評価を見る限りでは、インドのローエンドスマホ市場で大きなシェア
を獲得することは極めて難しそうだ」と論じた。

さらに、インドの消費者の声として、「サムスンはタイゼン搭載のスマホを長期間にわたって(発売を)延期しておきながら、ようやく
発売されたZ1は性能不足と言わざるを得ず、2010年ごろのスマホのようだ」と伝えた。

また、市場調査会社IDCのアナリストの指摘を引用し、サムスンのZ1は定価が92米ドル(約1万円)と安価ではあるものの、ハード
面の性能を重視し始めたインドの消費者を価格だけで動かすことはできないと論じた。(編集担当:村山健二)

ソース:サーチナ 2015-01-22 22:21
http://news.searchina.net/id/1558411?page=1




続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク