アジア速報

国内、海外ニュースの速報まとめてます。

【第二の犠牲】政府、ヨルダンにイスラム国要求の死刑囚釈放依頼しない方針!後藤さん、GOTOtheDEATHへ

:ときめきメモリアル :2015/01/25(日) 23:13:07.65 ID:U3od4qAx0

先日に後藤さんの釈放と引き換えにヨルダンで収監中の死刑囚釈放を求めたイスラム国ですが、日本政府側はこれを拒否すると見られています。
報道記事によると、安倍首相は「テロには屈しない」と強調し、政府内でも「ヨルダンに釈放を頼むことはない」(外務省幹部)との声が漏れているとのことです。
そうなると、イスラム国側の要件を満たすことが出来ず、後藤さんも最悪の事態になってしまう可能性があると考えられます。
安倍首相はヨルダン国王と緊急の電話会談を行いましたが、依然としてその内容などは不明のままです。

どうにも、安倍政権は「テロには屈しない」と「話をしない」を勘違いしているように感じられます。日本にはイスラム国とパイプを持っている方がおり、
数日前に「交渉に協力したい」と表明しました。彼らと協力すれば連絡を取る事は可能ですが、日本政府側は具体的な動きには出ていないみたいです。

「テロに屈しない」は別に良いですが、だからと言って日本人を助けるチャンスを見逃すのは間違っていると思います。
現に最初の2億ドル要求から死刑囚釈放に変わっているわけで、ちゃんと話せば向こうも理解するかもしれません。
最初から交渉を捨てているように見え、日本政府の声明や行動には違和感があります。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5300.html




続きを読む

【国際】日本の「クソコラ」…テロリストが発するメッセージの重さを破壊 アメリカが成し遂げられなかった小さな勝利 [英字紙]

:クリス ★@\(^o^)/ :2015/01/25(日) 21:45:13.16 ID:???

イスラム国(ISIS)に対するツイッター利用者の攻撃と海外からの評価
http://blogos.com/article/104194/?p=1

「日本のツイッター利用者がイスラム国にコラージュ画像で対抗(Japanese Twitter Users Stand Up to ISIS with...a Photoshop Meme)」と題した英字記事は,各コラージュ画像を紹介した上で,次のとおり指摘する。

いくつかのコラージュ画像をみると,ツイッター利用者が単にテロリストによる身代金要求という状況を軽視し,ふざけているだけなのかは判然としない。
他方で,日本人のツイッター利用者は,コラージュ画像で,イスラム国をからかっているように見える。人質の命を軽んじ,呑気過ぎるのではないかという懸念があるのは明白である。

しかし,日本のツイッター利用者は,恐怖を通じて人々をコントロールしようというテロリストの手法に対し,ユーモアで対抗しているのではかなろうか。
はっきりしていることは,日本のツイッター利用者が日本政府に対し身代金を支払うように圧力をかけろというテロリストの要求に対して,それを拒否しているということである。


さらに別の英字メディアは,「日本の馬鹿げたイスラム国のプロパガンダに対する対応は,
アメリカ政府でさえ成し遂げられなかったことをやってのけた(Japan's silly response to ISIS propaganda did what the U.S. government couldn't)」と題し,次のとおり指摘する。

今週,日本のインターネット利用者は,団結してイスラム国を嘲笑うためにコラージュ画像を用い,馬鹿馬鹿しく,軽蔑した画像をテロリストに送り付けるという戦いを展開した。
この努力は人質の救出には繋がらないであろうが,将来のテロを防止するという点において,少なくとも役立つものである。

アメリカ政府は,イスラム国のネット上でのプロパガンダに対し,反論のためのプロパガンダ技術を駆使してきたが,これまでのところ,アメリカ政府の試みは失敗に終わっている。
アメリカ政府の手法は,ジャーナリストに反イスラム国のメッセージを送ったり,粗末に作られたビデオを作成したりするというものであって,時代遅れであり,いずれもパッとしないものであった。

アメリカ国務省の前顧問であるShahed Amanullah氏もガーディアン紙に対し,アメリカの戦略はイスラム国のグループを強くしてしまったに過ぎないと認め,
「イスラム国は彼らの支持者に対し,『見てみろ?我々はすべてにおいて力がある。アメリカがそれを証明している。』と言わせてしまっている」と述べている。
では,なぜ今回の日本での出来事が貴重なのであろうか。それは,アメリカ政府が失敗してきた試みを効果的にやってのけたからである。

プロパガンダに対する反論を展開する上で重要なのは,相手の効果を減殺することにある。イスラム国についていえば,武装グループは,自らが正義であり,かつ,獰猛であると見せたいのである。
しかし,イスラム国のプロパガンダを間抜けなアニメのキャラクターと合成することで,日本のインターネットユーザーは,イスラム国自身が馬鹿げた存在であるように見せることに成功したのである。

テロリストグループに参加しようとする人々を,テロリストを世界の指導者が強く警戒しているということを知り,テロリストが自らの正義のために闘っているということが,参加を促すものとなってしまっている。
しかし,日本のツイッター利用者は,テロリストを取るに足らないものとして描写し,弱体化させることで,テロリストが発するメッセージの重さを破壊したのである。

これは,小さな勝利かもしれない。しかし,テロリストが参加者を増やすことで力を増していることを考慮すれば,
日本人がイスラム国に対する完璧な武器を用いて,世界に,そのメッセージを発したことが,新たな参加者を妨げる唯一の方法となるだろう。

★1:2015/01/25(日) 14:55:23.23
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422186678/




続きを読む

【韓国崩壊!】パク大統領「自宅や韓国大統領府に爆破予告!!」

:動物園φ ★@\(^o^)/ :2015/01/25(日) 15:29:17.56 ID:???

韓国大統領府に爆破予告の電話 仏から発信か

【ソウル聯合ニュース】韓国の警察当局によると、25日午前2時39分から5回にわたり、
国際電話と推定される番号から男の声で青瓦台(大統領府)を爆破すると脅迫する電話があった。
 

男は「きょう正午までに意志を示さなければ青瓦台を爆破する」と脅迫したが、具体的に何に
対する要求なのかは話さなかったという。

 電話番号から推定すると男が電話をかけたのはフランスからとみられるが、発信番号の偽装も
可能なため警察は発信者の特定を進めている。

 電話を受け、青瓦台周辺は軍や警察が出動し、警戒が強化されている。軍と警察による捜索
ではまだ異常は見つかっていない。

 政府合同対テロ状況室によると、電話をかけてきた男は今月17日、短文投稿サイト「ツイッター」に
朴槿恵(パク・クネ)大統領と金淇春(キム・ギチュン)大統領秘書室長の自宅を爆破するとの書き込みを
した人物と同一人物と推定される。

 警察の捜査によるとこの人物はフランスに滞在している20代の韓国人男性で、青瓦台にかかって
きた電話の発信地もフランスであることから、同一犯の可能性が高いとみられる。

 警察はフランスの司法当局に捜査協力を要請し、男の身柄を韓国へ移送して調べを進める方針。
脅迫と偽計公務執行妨害の容疑で立件される見通しだ。

聯合ニュース
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/25/2015012500954.html

関連スレッド
【国際】「真の韓国人」「幼稚」、在韓日本大使館に爆破予告電話、73歳の男逮捕―韓国ネット(c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1422106456/




続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク