アジア速報

国内、海外ニュースの速報まとめてます。

【毎日新聞/社説】嫌中嫌韓は「日本がアジアで一番」という意識が揺らいだ事が原因。日本は優越感廃し中国・韓国と和解・連帯を[1/1]

1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ :2015/01/01(木) 15:51:16 ID:kd5
敗戦直後の日本を描いた写真集をどれか1冊、手にとってみるといい。そこにはまぎれもなく、戦後日本の原風景がある。
 貧しかったはずだが、子供も大人も表情に屈託がない。おびただしい死者を出した戦争が終わり、平和が戻ってきた安堵(あんど)感。
豊かさへの夢とあこがれ。前向きの明るさと希望がそこかしこに満ちていた。
 戦後70年の今はどうだろう。日本を覆っている気分は、えたいの知れない不安といらだちである。

 背景には隣国との長い不和と対立があることを、多くの日本人が感じとっているのではないか。
 内閣府が実施する世論調査では、中国、韓国に親しみを持てないと答えた日本人が昨年は過去最高を記録した。
中韓の反日感情と日本の反中・嫌韓感情が衝突し、相互の不安といらだちをあおっている。

要因はいくつかあろう。だがその根本は、中国の大国化にみられるパラダイムシフト、
つまり時代の大きな枠組みと秩序の変革に日本が直面している、ということだ。
 日本は国内総生産(GDP)で中国に抜かれ、世界第2の経済大国の座を明け渡した。軍事面でも尖閣諸島で中国から圧迫され続けている。
韓国も政治の民主化と経済発展、自意識の高まりなどで、臆せずに日本に向き合うようになった。

アジアの中でぬきんでた先進国だった日本は今、近現代史の中で初めて「強いアジア」と向き合う体験を迫られている。
「アジアで1番」という序列意識の揺らぎこそ、不安といらだちの正体であろう。
 
アジアでトップだという序列意識と自負心が日本の近現代史を支えてきた。
 だが、日本を追いかけるように成長してきた中国と韓国の興隆はいわば、歴史の必然でもある。
あと戻りできない東アジアの力関係の変化を受け止め、自らの立ち位置を見つめ直すことが、戦後70年を迎える日本の課題ではないだろうか。

序列意識は、進歩や発展に欠かせない。ただしそれは行きすぎれば相手への尊敬を失わせ、他者を否定することで自己を肯定する優越主義に陥りかねない。
昨今の反中・嫌韓感情やヘイトスピーチ(憎悪表現)などにも、古い序列思考からくる他者否定の排他意識が潜んでいないか、自問自答してみるべきだ。

一方、中国では中華思想に基づく「大国ナショナリズム」が高まりをみせる。韓国にも日本を道徳的文化的に下に見る序列思考がある。

 東アジアでは力の対決は当面避けられない、という見方もある。短期的にはそうかもしれないが、長い目で未来を見通すべきである。
「世界の真ん中で輝く日本」(安倍晋三首相)と「中華民族復興の夢」(習近平主席)がぶつかる構図は、
世界からは時代遅れの盟主争いにエネルギーを浪費しているとしか見えないだろう。それは、東アジアの潜在力とダイナミズムを失わせる。
 対立を繰り返してきた欧州は欧州連合(EU)を通じて「平和の制度化」に成功した。
単純には比べられないが、序列よりも並列という意識を定着させた過程には、東アジアも学ぶところがあるはずだ。
 
 日本の役割は「大国残像ナショナリズム」を振りかざし、過去の栄光を取り戻すことではない。
優越主義によるアジア観を排し、中国・韓国と共生できる地域の未来を考えながら、東アジアの和解と連帯に率先して取り組むことであろう。
序列思考の呪縛から解き放たれ、互いのナショナリズムを尊重しあう東アジアを展望していく。
その新たな地平を切り開くことが、本当の意味での戦後レジームからの脱却だと考える。

http://mainichi.jp/opinion/news/20150101k0000m070099000c.html
http://mainichi.jp/opinion/news/20150101k0000m070099000c2.html



続きを読む

【話題】紅白歌合戦でサザンが歌った「ピースとハイライト」の歌詞の意味は?

1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ :2015/01/01(木) 10:35:11 ID:???
水島宏明 | 法政大学教授・元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター

当初の出場歌手には入っていなかったのが、きゅうきょ紅白に
出場することになったサザンオールスターズ。
横浜からの中継で登場したサザンオールスターズの桑田圭祐が
歌った「ピースとハイライト」が目を引いた。

強いメッセージ性を持った「ピースとハイライト」の歌詞。
現在のどこかキナ臭い時代への批判精神に満ちたものだった。

著作権の問題があるので歌詞のすべてを掲載することができないが、
以下のHPで読むことができる。

http://www.uta-net.com/movie/150317/   

「教科書」「歴史を照らし合わせる」など、今の時代を表す言葉が次々に出てくる。

「都合のいい大義名分」という歌詞では、「大義名分」を「かいしゃく」と歌った。
まるで2014年に起きた「ある出来事」とも符号する。
「癒合のいい解釈」で憲法が事実上変更された、とされた出来事だ。

もっともこの歌が発表されたのは2013年6月。

発表後には「歌詞に政治色が強い」などと一部から批判も出ていた。

「硬い拳を振り上げても」というフレーズは、日本た周辺国の指導者
たちをたしなめる言葉に聞こえている。
「裸の王様牛じる世」という言葉も、各国の指導者たちの顔が浮かんでくるではないか。
国同士がいがみ合ったり、拳を振り上げるでのはなく、お互いに理解し合えばいい。

そんな歌詞が大晦日の全国のお茶の間に届けられた。

現在、日本は近隣諸国との間で領土をめぐって緊張が高まっている。

歴史認識でも近くの国同士が批判し合っている。

そんななかで日本も武器輸出が容認され、アメリカ軍との連携が
ますます進み、軍事色は一気に強まっている。
「愛の力」で現状を変えていこうと訴えるこの歌の歌詞。

続き Yahoo!
http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20141231-00041952/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 10◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1418610636/620



続きを読む

【中韓/経済】中国の恩恵が減り逆風に…韓国経済が危険水域へ 経済崖っぷちでも外交部予算は初の2兆ウォン台

1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ :2015/01/01(木) 22:12:36.42 ID:???
中国の恩恵が減り逆風に…韓国経済が危険水域へ - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/9633699/


 韓国で深刻な景気後退への危機感が強まっている。

 中国の高成長によって造船や石油化学などの主要産業で潤った韓国だが、中国の成長鈍化で、韓国経済が逆サイクルに回り始めたからだ。
世界トップクラスの造船会社、現代重工業は創立以来、最悪の業績に陥り、大規模なリストラに着手。韓国サムスン電子はスマートフォン市場
の競争激化による不振から抜け出せずにいる。一方、今年度の政府予算には思い切った景気対策が不可欠なはずだが、慰安婦問題や韓国が
不法占拠を続けている島根県・竹島(韓国名・独島)などをめぐり、韓国の主張を海外に広める広報予算は1・4倍にする方針で、相変わらずの
増強路線。韓国経済は自力で這い上がれるのか−。

ついに「ゼロ成長時代」か

 韓国経済のゼロ%台成長は1年を迎えた。

 韓国銀行が明らかにした韓国の昨年7〜9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は、前期比0・9%増となり、一昨年10〜12月期以来、1%
に満たない低成長が続いていることが分かった。

 同4〜6月期は、旅客船セウォル号の沈没事故を背景にした消費の萎縮が理由にあげられたが、ここまで長く低迷するからには、韓国経済が
構造的な壁にあたっている可能性が高い。

 「スマートフォンがアップルと中国の小米科技(シャオミ)のはさみ撃ちを受け、中国への輸出増加傾向も弱まり、海外で生産して加工貿易の
形態で中国に向かう半導体・液晶表示装置などの量も減った」。中央日報によると、韓銀の経済統計局長はこう分析している。

 韓国サムスン電子は本業のもうけを示す営業利益は4四半期連続で前年同期を下回る不振ぶりだが、苦境にある企業は、サムスンだけでは
ない。

「役員全員、辞職願出せ」の号令

 現代重工業が昨年10月16日に発表した人事では、役員職の3分1が消えたと、中央日報が伝えた。

 日曜日の同月12日に本部長会議を開いた現代重工業は、役員全員に辞職願を提出させる方針を確認したばかりだが、わずか4日後で大胆
な人事に踏み切った。262の役員職のうち、81をなくした。先行きへの危機感にほかならない。

 聯合ニュースによると、9月の船舶受注量で韓国は、日本の造船業界に押され、3位に転落した。市況分析の英クラークソンのデータでは、
中国が92万2800CGT=標準貨物船換算トン数(市場シェア45・3%)、次いで日本が55万1850CGT(同27・1%)につけ、韓国は42万15
28CGT(標準貨物船換算トン数)でシェア20・7%だった。

 韓国が月間ベースで日本に抜かれたのは4月と6月に続き今年に入って3回目という。日本は、韓国や中国との受注競争で劣勢だったが、円
安を背景に韓国や中国との船の価格差をつめてきていると分析した。

中国の恩恵は減り、逆風に

 「『チャイナインパクト』(マイナスの意味での中国の影響)がある」

 韓国の大企業の業績悪化の一因について、日本総研は昨年10月に公表したリポートでこう指摘した。

 造船業界でいえば、中国の成長が鈍化してきたことで、それまで旺盛だった資源需要が急速にしぼんで、荷動きが減速。中国景気の恩恵を
受けてきた造船や海運には逆風が吹き始めた。現代重工業は、リーマンショック後で落ち込んだ造船受注を取り戻そうとしたが、安値受注(船
舶価格下落)に海洋プラントの損失が重なり、利益が出にくくなった事情がある。

 中国からは、生産過剰になった鉄鋼や石油化学などの素材が世界中にあふれ出して市況が悪化。サムスンが得意としてきたスマートフォン
も、中国の小米科技(シャオミ)、聯想(レノボ)などの低価格品の台頭と米アップルの人気から、苦戦を強いられいる。製品戦略を含めた構造
的な問題に直面しているのだ。



続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク