アジア速報

国内、海外ニュースの速報まとめてます。

【緊急速報】サヨクや韓国が支援するISIS「日本人二人を人質に200億円を要求!」

:Ψ :2015/01/20(火) 15:51:40.60 ID:9R1tMQew0

【断末魔韓国経済】経済再生の切り札 服役中の財閥トップを仮釈放し、企業経営を立て直し

:ねこ名無し ★@\(^o^)/ :2015/01/20(火) 15:34:33.92 ID:???

 大韓航空機内で客室乗務員のナッツの出し方に怒って離陸を遅らせたとして、航空保安法違反(航空機航路変更)などの罪に問われた同社前副社長の趙顕娥被告(40)の初公判が19日、開かれたが、
経済危機に直面する韓国で、景気回復の“妙薬”として、服役中の財閥トップを仮釈放し、経営の現場に復帰してもらおうというアイデアが持ち上がっている。
ブラックジョークのようにも聞こえるが、韓国では政府・与党幹部が公然とこの構想を打ち出した。果たして本当に仮釈放はあるのか?

 仮釈放をぶち上げたのは、与党セヌリ党の金武星代表と崔●(=日の下に火)煥・経済副首相兼企画財政相だ。
金武星代表は韓国紙の取材に対し、経済危機の中で企業の投資を決定できるのはトップだけであり、危機克服に向けた一つの策として、仮釈放や赦免を検討すべきだとの考えを表明した。
また、崔●(=日の下に火)煥・経済副首相兼企画財政相は朴槿恵大統領に直接、仮釈放を提案したことを明らかにした。

 焦点となる仮釈放の対象としては、韓国3番手の大手財閥SKグループ会長で、懲役4年の判決を受け約2年間服役している崔泰源服役囚らが挙がっているようだ。

 日本企業のシェアを次々と奪い、スマートフォンや家電分野などの世界市場で快進撃を続けてきた韓国経済だが、ウォン高や中国メーカーの猛追などを受けて、その勢いに陰りが出ている。
韓国銀行が明らかにした昨年7〜9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は、前期比0・9%増となり、一昨年10〜12月期以来、1%に満たない低成長が続いている。
少子化で内需は伸びず、不動産価格も低迷しており、「韓国はゼロ成長時代に入ったのではないか」という指摘も出ている。特に韓国経済の屋台骨を支えているサムソンや現代自動車など財閥系大手企業の業績不振が際立つ。

 韓国国内では、現在の国内経済・社会指標は円高による製造業不振やデフレ、少子化に伴う内需の低迷などで長期の経済低迷に苦しんだ1990年代の日本に酷似している、との指摘がある。
それだけに政府・与党や経済界には危機感が強いようだ。

 金武星代表は1月14日の記者会見で、バブル崩壊以降の日本経済を例に挙げて、「韓国は日本を反面教師にしなければならない」「社会全般の改革が遅れれば、日本よりはるかに深い泥沼にはまる」などと経済再生の必要性を強調した。
服役中の財閥トップを仮釈放しようという話は、韓国経済が直面しているこうした状況を受けたものといえる。

 実を言うと、韓国では経済再生や雇用創出のために財閥トップらへの特別恩赦が行われたことがある。
2008年8月には横領、背任などの罪に問われた現代自動車グループの鄭夢九会長、ハンファグループの金升淵会長らが特別恩赦の対象となった。
つまり、苦境時に財閥トップらに特別恩赦を与えることは“経験済み”で、経済停滞脱却のアイデアとして浮上するのは、韓国国内ではそれほど珍しいことではないことになる。

 ただ、朴大統領は「経済民主化」を公約に掲げて大統領に就任したこともあって、特別恩赦を率先して切り出しにくい状況にある。
こうした朴大統領の事情を受けてか、大統領府報道官からは「仮釈放は法相の固有の権限だ」などと、朴大統領が関与しない形での実施に含みを持たせるかのような発言も出ている。

 「ナッツ・リターン」事件の記憶が生々しい中、果たして韓国は服役中の財閥トップらの仮釈放に踏み出すのだろうか。

http://www.sankei.com/west/news/150119/wst1501190057-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/150119/wst1501190057-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/150119/wst1501190057-n3.html

関連スレ
【韓国】韓国に世界がア然! 財閥経済犯に「釈放」待望論 先進国では考えられない…[1/16](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1421435803/




続きを読む

【断末魔韓国経済】韓国で国産車離れの危機、欧州車の増勢衰えず…FTA、ウォン高、ブランド、労使対立の“4重苦”に足踏み

:ねこ名無し ★@\(^o^)/ :2015/01/20(火) 08:53:48.68 ID:???



現代自動車グループのトップに君臨する鄭夢九会長=1月2日、ソウル(ロイター)

 韓国の自動車市場で、輸入車販売が絶好調だ。一方、韓国メディアによると、2014年の現代・起亜自動車の市場占有率(シェア)は1998年の両社の経営統合以来、初めて7割を切ったことが分かった。
現代自では、米国で燃費表示の水増し問題が発覚したほか、スポーツ用多目的車(SUV)の雨漏りも指摘され、ブランドイメージ低下が悩みだが、自由貿易協定による影響が裏目に出ているとの指摘もある。
マザーマーケット(主力市場)の韓国市場で、韓国メーカーにいったい何が起きているのか−。

輸入車販売は25%増

 「現代・起亜に危険信号」。朝鮮日報(電子版)は今月、刺激的なタイトルで現代自と傘下の起亜自の韓国での販売状況を伝えた。

 それによると国内シェアは69・2%で、09年に比べれば7ポイント縮小。1998年の経営統合以来、初めて7割を切ったことを踏まえ、「輸入車業者が若者を狙い、中低価格モデルを投入したのは非常に脅威だ」との専門家の意見を紹介した。

 韓国メーカー5社の14年の同国内の新車販売台数の合計は前年比5・8%増。一方で、韓国輸入自動車協会が発表した14年の輸入車販売台数は、前年比25・5%増の高い伸びを記録した。両者の勢いの違いがくっきりとしている。

 韓国経済新聞によると、2010年から14年までの年平均増加率は24・8%にのぼる。輸入車が占める乗用車市場でのシェアは13・9%を占め、10年に比べて、7%も拡大していた。

 ブランド別では、BMWが21・5%増で輸入車として初めて4万台を超えて最多。2位は1・4倍増のメルセデスベンツ。続いてフォルクスワーゲン、アウディと上位4位までをドイツ車ブランドが占めた。

 ポルシェやベントレーを含めたフォルクスワーゲングループの韓国での販売台数は6万台に達して、韓国の双龍自動車の6万9036台に匹敵する規模になった。

 韓国メーカーは、欧州勢を中心とした海外メーカーにシェアを侵食されているのが現実だ。

自由貿易協定の恩恵は欧州勢に?

 海外勢に衰えはない。それは統計にも現れている。

 聯合ニュースによると、欧州連合(EU)との自動車の貿易収支が1990年以降で初めて赤字に転落する公算だという。

 背景にあるのは、2011年7月に発効した欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)の影響だ。昨年に1・5リットルを超える車の関税の完全撤廃で、欧州車の価格競争力が一段と高まっている。
韓国の自動車業界が恩恵を期待していたFTAは、むしろ“裏目”出ている可能性があるという。

 そのうえ、外国為替市場での円安、ウォン高傾向が韓国の輸出企業の業績を圧迫。韓国の14年の自動車生産は、12年からの減少傾向から抜け出したものの、前年比0・1%増にとどまる。

 日本勢でも、日産自動車の高級車ブランド「インフィニティ」が人気。朝鮮日報(電子版)はスポーツセダンQ50の輸入車市場で旋風を起こしているとし、「今年の中型輸入車市場を大きく塗り替えるのではないか」と報じた。

 14年はトヨタ自動車が世界販売台数で1千万台を突破。ライバルがひしめく中、韓国の自動車業界は厳しいビジネス環境に立たされている。

燃費水増し問題が尾を引く

 もちろん苦しいのは、経済情勢のせいだけではない。自らの失態も尾を引いている。

 2012年に米国で発覚した燃費性能の過大表示による、いわゆる「燃費水増し問題」をめぐっては、現代自と起亜が、1億ドル(約114億円)の制裁金を払うことで昨年11月にようやく決着。
その間、スポーツ用多目的車(SUV)では、大雨などで車内に水が入り込む「雨漏り」欠陥まで指摘され、ブランドイメージの毀損に悩まされ続けてきた。

 危機感が募る現代自だが、それでも、労使対立が収まることはない。

 昨夏はストライキなどの影響で、現代自動の14年7〜9月期の営業利益が前年同期比18%減の4年ぶりの低水準を記録。工場の稼働率の低下が響いたからだ。

 為替と貿易外交、ブランド競争力、労使問題−悩み多き自動車メーカーの姿は、足踏みが続く韓国経済の課題を象徴しているようだ。

http://www.sankei.com/west/news/150119/wst1501190003-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/150119/wst1501190003-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/150119/wst1501190003-n3.html




続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク