アジア速報

国内、海外ニュースの速報まとめてます。

【韓国ブチ切れ!】延伸開業したソウルの地下鉄、“親日寺”が駅名に・・韓国ネットは「この敏感な時代に」「親日は悪い事」

:鴉 ★@\(^o^)/ :2015/03/04(水) 21:09:18.74 ID:???

2015年3月4日 19時56分 FOCUS-ASIA.COM

3日の国民日報は、さきごろ延伸開業したソウルの地下鉄9号線の駅の一つである「奉恩寺」が、“親日寺”であったことが明らかになったとしている。
過去には、「日本軍戦没者の忠霊塔」を設置し、中日戦争の勝利を祈願する法会を開くなど、
日本帝国の植民地統治を正当化した“代表的な親日空間”であったという。
一方でソウル市は、「奉恩寺」を駅名に確定・告示する際、
「歴史性のある奉恩寺が適切」とし、
解明資料を提出したが、歴史性の根拠については明らかにしなかったとしている。

記事によると、朝鮮総督府が仏教を懐柔するため、1911年に寺刹令を制定し、
31の本山を中心に1500の寺と7000人の僧侶を統制したという。
奉恩寺は当時、全国で82の寺院を管理しており、31の本山のなかで最も影響力が大きかった。
親日行為は日帝の武力統治が強化された1930年代からだ。
1937年7月、中日戦争が起きると”国威宣揚武運長久祈願祭”を2度開催、8月には日本軍を後援する方法を論議、
12月には北支皇軍の義援金として200ウォン、1938年にも国防献金など1016ウォンを出した。
1939年には天皇の誕生日である天長節を祝っている。

1940年〜1945年まで住職を務めた洪泰旭(ホン・テウク)は、
中日戦争4周年記念法会を開いたり、僧侶を動員し、
日の丸が書かれた扇子2000個を慰問品として送る運動を展開、武器制作のために、鉄の収集や献納も決議したという。
1943年には、「日本軍戦没者の忠霊塔」の工事を始め、1945年6月に除幕式を行なっている。
ホンを含め、奉恩寺の4人の僧侶が、仏教界が出刊した「親日僧侶108人」に名を連ねている。

記事はこのような歴史的事実があるにも関わらず、ソウル市は、歴史学者など外部専門家8人を迎え入れて審議したとし、
適切な手続きの上で決められたとの立場を貫いているとしている。

この記事に対し、韓国ネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。

「この敏感な時代に、奉恩寺の駅名決定はやりすぎ。
歴史的に親日をした寺を駅の名前にしたら怒る人がいるのは当然」

「記者さん、もっともっと広めて」

「国民が駅名の由来に関して分かるようにしてほしい」

「記事を読むと奉恩寺は日本の前進基地。ソウル市長は、駅名を奉恩寺にした歴史的根拠を明らかにしてほしい」

「外国人にも知られていて、一般人もよく行くコエックスにしたほうがいい。奉恩寺は唐突すぎるし、親日だった。駅名に寺名を付けるのは、たとえ、愛国寺だったとしても反対」

「奉恩寺は昔、近くにある王のお墓を管理するお寺だった。
奉恩寺路にあるから、奉恩寺駅でいいという決定なのにどこが問題?キリスト教の嫉妬か?」

「親日は悪い事」

「素晴らしい僧侶を排除して、総督府に忠誠を誓った人物を住職にした。
問題はその住職にあって、寺自体は悪くない」

「この論理なら、親日派のキム・ファランを排出した梨花女子大学は廃校すべき?
論理が通らないと、こうやって逆に攻撃されることを覚えてほしい」

「奉恩寺は朝鮮王室のお墓を守る寺であった」

「まずはソウル大学からなくしてみろ」

(編集翻訳 MJ)
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9851559/


続きを読む

【事件】「理想の息子じゃなくなった」という無茶な理由で就寝中の中1長男の顔を切りつけた母親を逮捕

:それなり◆ :2015/03/04(水) 23:27:56 ID:ERp

読売テレビより。
「言うことを効かなくなった。理想の息子じゃなくなった」
そんな無茶苦茶な理由で、寝ている中1の長男の顔を包丁で斬りつけた母親を殺人未遂容疑で逮捕。
以下、本文から一部抜粋

警視庁によると、4日午前4時過ぎ、江戸川区の住宅で、「母親が息子を切った」と家族から119番通報があった。
警視庁で調べたところ、48歳の母親が、寝ている中学1年の長男の顔を包丁で切りつけたという。
長男はその場から逃げ出し、父親が母親を取り押さえた。
長男は、あごに軽いケガをした。

警視庁は、母親から任意で事情を聞いていて、4日夕方、殺人未遂の疑いで逮捕した。
母親は「言うことを聞かず、理想の息子じゃなくなった」と話しているという。

詳細は下記ソースまで。
http://www.ytv.co.jp/press/mainnews/TI20167361.html


続きを読む

【在日韓国人】民団新聞記者「一流企業でも『なぜ税金を在日の生活保護に回すのか』と不満。ネトウヨのヘイトスピーチと戦わねば」

:雨宮◆ :2015/03/04(水) 22:17:35 ID:rtc

A 第53回定期中央大会で選出された新3機関長は、
任期が満了する2018年2月まで重大事案が相次ぐだけに、いつにない覚悟で今期に臨もうとしている。

B 第1期の呉公太執行部は、スタートの2012年8月から韓日関係の急激な悪化に見舞われた。
ほぼ時を同じくしてヘイトスピーチ(憎悪表現)が新大久保や鶴橋で猛威を振るい始めた。
70年になろうとする民団の歴史にあっても、日本社会に韓国と在日を露骨に《敵視》する動きがこれほど顕在化したのは初めてだ。
そんな12月に朴槿恵現大統領が当選し、第2次安倍晋三政権が誕生した。

C 安倍さんは歴史修正主義の牽引役でもあり、第1次政権時に靖国神社に参拝しなかったことを「痛恨の極み」と言い、
「河野談話」「村山談話」を見直すとも公言してきた。総選挙に圧勝した勢いで本気でそれをやりかねない。朴槿恵大統領も簡単には動けなくなった。

D 呉執行部の2年目、2013年2月の第67回定期中央委が採択した活動方針で、3大運動の一つに「韓日友好促進」を掲げた。
民団にとって韓日友好促進は、あえて強調するまでもない創団以来の日常的な基本課業だ。
それを主要運動に設定して今年で3年目になる。しかも今年は、韓日友好・共生促進という題目で筆頭に位置づけた。
「まるで、韓日会談の妥結以前にもどったかのようだ」と受けとめた団員もいる。

C 2013年8月に、呉団長ら民団代表団が本国要路を訪問し、大統領、外交部長官、国会議長、国会外交統一委員長、
韓日議連会長らと面談した。それぞれ忌憚のない意見交換の場で、
代表団がもっとも強調したのは韓日関係の早期改善の必要性とヘイトスピーチの危険性だった。かなりインパクトを与えたはずだ。
各要路からは韓日の懸け橋として、在日同胞の生活を守る求心体として、民団への期待感には真剣なものがあった。
今年もなるべく早い時期に、要路を訪問したいとしている。

B 韓日関係が良好だからといって同胞の実生活に必ずしも助けになるわけではない。
逆に、険悪化すれば経済的にも精神的にも大きな打撃を受ける。同胞経営の飲食店が苦しんでいるのは、
消費税率の引き上げだけが要因ではない。社会の空気も影響している。

C 呉執行部は支部巡回で多くの団員と対話するなかで、「精神的にまいっている」と聞かされたことも多い。
お子さんが勤めている一流大手企業でも、社員の間で
「自分たちが汗水垂らして払った税金を、なぜ、在日の生活保護に回さねばならないのか」といった声が出るそうだ。
いわゆるエリート層にもレイシストやネトウヨの虚偽扇動が浸透している。

D ヘイトスピーチと一体の歴史修正主義についても、深刻さが増している。これは改ざん主義と称すべきで、
教科書の記述ばかりか植民地期に犠牲となった同胞を追悼・慰霊する各地の施設も標的になっている。
「虐殺」「強制連行」「強制労働」の文言を削除しろとか、施設そのものを撤去しろとか。
「お互いの人権を尊重し、差別のない思いやりにあふれた明るい社会」をめざす長崎市でも、
「原爆韓国人犠牲者慰霊碑」の建立が妨害され、行政も及び腰になっている印象だ。

A 韓日間には、関係が比較的に良好な時代でも独島領有や歴史認識の問題で対立感情が間欠的に噴き出していた。
国交正常化以来で最悪と言われる現状は、両国関係が水平化したことでお互いへの「遠慮」がなくなったこと、
中国の急速な台頭によって東アジアの力学が大きく変化しつつあること、この二つが連動する構造的な不安定さからくると分析されている。
いわば新時代への陣痛期にあるわけで、抜本的な関係修復には時間がかかるかもしれない。

だが、歴史修正主義を後退させ、ヘイトスピーチを根絶するにおいて猶予は許されない。
日本の市民団体と国際世論と連携して総力を結集することになる。

http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=37&category=3&newsid=20135


続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク