アジア速報

国内、海外ニュースの速報まとめてます。

【断末魔韓国経済】急速に進むウォン高ドル安 上昇幅は円の5倍以上

:なまはげ87度 ★@転載は禁止 :2015/04/30(木) 11:35:52.36 ID:???

今年に入り、ドルに対するウォンの上昇幅が主要通貨のうち3番目に高いことが30日分かった。

 韓国銀行(中央銀行)の経済統計システムによると、年初から今月29日の間にウォンの価値は対ドルで2.8%上昇した。
ウォンの対ドル相場(終値)は29日が1ドル=1068.6ウォンで、昨年12月30日(1ドル=1099.3ウォン)から4カ月で30ウォン以上のウォン高になった。

 上昇率は主要32カ国・地域の通貨のうち台湾ドル(3.9%)、スイスフラン(3.5%)に次いで3番目に高い。

 同じ期間の円の対ドル相場は1ドル=119.46円から118.85円と0.5%上昇した。ウォンの上昇幅が円の5倍以上ということになる。

 米国の利上げ観測を背景に、今年に入り多くの国の通貨価値は対ドルで下落傾向となった中でウォン高が進んだのは円安が大きな影響を与えたためとみられる。

 韓国外換銀行の研究委員は「米利上げ観測だけが要因だったならばウォンの上昇幅は小幅だっただろうが、日本の追加金融緩和後、韓国が最大の影響を受けるとの見方が示され、ほかの通貨に比べ上昇幅が大きかった」と述べた。

 韓国の今年の経常黒字が1000億ドル(約11兆8970億円)に達すると予想されていることや外国人の資金の流入もウォンの価値を上げた。

 ウォン高ドル安の流れは最近さらに加速する様相を見せている。先月13日のウォン・ドル相場は1ドル=1131.5ウォンだったが1カ月半でウォンは5.9%上昇した。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2015/04/30/0500000000AJP20150430001500882.HTML


続きを読む

【日米会談】韓国「米国が安倍首相を日王の様に扱った!五つの特典を与えた」と騒ぎ出す

:蚯蚓φ ★@\(^o^)/ :2015/04/29(水) 13:04:52.33 ID:???

[ヘラルド経済=イ・スミン記者]米国のバラク・オバマ大統領が日本の安倍晋三総理を事実上‘国
賓待遇’で迎えたと評されている。国賓優遇は国家元首だけに提供されるのが原則だ。立憲君
主国の日本の国家元首は日王だ。結局、行政首班の安倍が事実上、日王の接待を受けたわけだ。

米国が安倍に与えた5種類の特典を集めてみた。

▲格式高い歓迎式=26日(以下現地時間)ボストン・ローガン空港から入国した安倍総理は28日、
ホワイトハウス南側芝広場の歓迎式に参加した。歓迎式には米軍儀仗隊の査閲式も含まれ、
相当な格式がある。ジョン・ケリー国務長官の私邸で晩餐を持ったのも異例な歓迎の一つと解さ
れる。

▲ホワイトハウス公式晩餐=ホワイトハウス公式晩餐は安倍総理に対する手厚いもてなしをはっき
り見せる。2009年オバマ大統領が就任して以来、外国首脳のためのホワイトハウス公式晩餐は
ただの7回に過ぎない。28日、ホワイトハウスに到着した安倍総理夫妻をバラク・オバマ大統領夫
妻が直接迎えた。

▲オバマ、リンカーン博物館‘びっくり’ガイド=オバマ大統領が予定なしで安倍総理を歴史的意味
が含まれる‘リンカーン記念館’に案内したのも安倍総理に対する高い優遇を見せる。ホワイトハ
ウス関係者は今月が南北戦争終息とリンカーン大統領逝去150周年をむかえる年とし、記念館訪
問の重要性を知らせた。

▲米議会合同演説=米国議会史上初めて日本総理に上・下院合同演説を許したことは安倍総理
に対する米国の態度を決定的に見せる。29日、40分間行われる予定の今回の演説には世界の
耳目が集中している。安倍総理は英語演説のために練習に総力を傾けたことが分かった。

▲異例の長期訪問=8日間の訪問期間も破格だ。インドのナレンドラ・モディ総理、パク・クネ大統
領などを含む各国首脳はこれまで4〜5日ほど米国に留まった。このため、去る1997年当時、中
国国家元首の江沢民主席がビル・クリントン大統領との首脳会談日程を含んで9日間訪米したこ
とに並ぶ価値があるという分析が出ている。

ソース:ヘラルド経済(韓国語)オバマ、安倍をほとんど‘日王’接待…5種類特典
http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20150429000366


続きを読む

人気少女漫画の話で盛り上がってる所「バカな女が喜びそうな低俗さだ」とケチをつけた男性社員にモテ男が本気ギレした

367 :名無しさん@おーぷん :2015/04/30(木) 11:38:53 ID:XWl

ある人気作品が最近映像化され、職場で昼休みに同僚とその話題で盛りあがった。
その作品は少女漫画にカテゴライズされるんだけど、わりと男性読者も多いらしく
話題に入ってくる男性社員が数人いた。
すると、いつも私とB子(20代女)にケチをつけてくるA(20代男性)が
「あの作品は俺も見たけど程度が低い。理屈も何もあったもんじゃない。非科学的。
いかにもバカな女が喜びそうな低俗さだ、女が書いて女が読む作品はこれだから」と
ペラペラやりはじめた。
いつものことなので私とB子はスルーした。
しかし話題に参加していたC(20代男性)が怒ってBに言い返した。
「みんなが面白いと思って話してるのに、なんでいちいち貶しに来るんだ。
大体非科学的も何も、あれはギャグ漫画だろうが」
とけっこうな本気の反論だった。
Cを怒らせるつもりで言ったわけではなかったAは驚いてシドロモドロになっていた。
Aは咄嗟にうまく言い訳できず
「Cに言ったんじゃない。そこの2人に言った」と私をB子を指差した。
輪の中にいたD(30代男性)がすごくビックリした顔で
「え?なんでそんなことを(私)さんとB子さんに言う必要あんの?」と言い
その声の大きさやタイミングが絶妙で、課がしーんとなった。


続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク