アジア速報

国内、海外ニュースの速報まとめてます。

韓国、観光戦争で日本に完敗wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

:32文ロケット砲 :2015/04/27(月) 15:24:04.81 ID:ONVblI+Q0

韓国の「観光収入」・・・もはや「踏んだり蹴ったり」?=韓国華字メディア

韓国メディアの亜洲経済の中国語版は24日、円の対ウォンレートが7年ぶりの安値を記録していることを紹介し、中国人旅行客が
日本に奪われているとの見方を示すと同時に「韓国の観光業が打撃を受ける見通し」と伝えた。

 記事は、円安を背景に日本を訪れる中国人旅行客が増えていることを指摘し、2014年に訪日した中国人旅行客は前年比83.3%増の
241万人に達したと紹介。さらに15年1−2月には前年同期比99.2%増と猛烈な勢いで増加していると伝えたほか、2月18日から24日に
かけての春節(旧正月)期間中に中国人旅行客は日本で60億元(約1150億円)もの消費を行ったとの見方があることを伝えた。

 続けて、14年に韓国を訪れた中国人旅行客数は613万人に達し、「日本を大きく上回った」と伝える一方、韓国滞在中における消費額は減少傾向にあることを紹介。
15年の春節期間中においては、韓国での中国人旅行客の1人当たり消費額は前年比9万ウォン(約9936円)減の56万ウォン(約6万1800円)にとどまったと紹介。
さらに13年の1人当たり消費額は90万ウォン(約9万9400円)だったことを指摘し、38%も減少していると危機感を示した。

 また記事は、日本政府は円安という機会に乗じて査証(ビザ)発給要件の緩和を行い、さらに免税対象品目の拡大を行ったと指摘し、
「中国人旅行客を積極的に取り込もうとしている」としたうえで、中国人旅行客をめぐる「日韓の争いが勃発することはもはや不可避な情勢」と論じた。

 そのほか、日本と韓国の旅行客による相互訪問においても、「日本の完勝だ」と指摘し、2015年3月までの期間中に「韓国を訪れた日本人
旅行客数は31カ月連続で減少している」と指摘。14年に訪韓した日本人旅行客数は前年比17%減の228万人だったが、今年は同18.6%減
の185万人にまで減少する見通しだと紹介する一方、14年に訪日した韓国人旅行客は270万人に達し、過去最高だった07年を上回ったと報じ、
悔しさをにじませた。(編集担当:村山健二)(写真はイメージ。サーチナ編集部撮影)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2015&d=0427&f=business_0427_052.shtml


続きを読む

【中国バブル崩壊!】景気減速が世界に与える影響 思わぬ余波?

:なまはげ87度 ★@\(^o^)/ :2015/04/26(日) 15:03:47.75 ID:???

中国の景気減速が鮮明になってきたことで、中国政府が金融緩和策を拡大させていますが、これが世界の金融市場に思わぬ影響を与えています。

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、市中銀行から強制的に預かる資金の比率である預金準備率を20日から1%引き下げました。
同行は、昨年11月と今年3月に金利の引き下げを実施し、今年に入ってからは預金準備率の引き下げも行っています。今回はそれに続く2回目の措置ということになります。


[写真]中国が追加金融緩和、預金準備率を1%引き下げで思わぬ余波?(ロイター・アフロ)

 2015年1〜3月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前年同期比プラス7.0%と、6年ぶりの低い伸びにとどまりました。
中国はこれまで2ケタ成長を続けており、国内のあちこちにその歪みが出てきています。しかし、成長率をあまりに低下させてしまうと、今度は不良債権などが表面化し、金融危機を引き起こしかねません。
このため、中国政府は、今までとは逆に金融緩和策の拡大を進めているわけです。

 預金準備率の引き下げ効果は大きく、このところ中国の株式市場は急騰しています。日経平均が2万円を超えるなど、日本株も急上昇していますが、中国の金融緩和策の影響を指摘する市場関係者もいます。

 一方、中国の緩和策は、米国の金融市場にも少なからず影響を与えています。中国が米国債の売却に動いており、場合によっては米国の金利が変動するリスクが出てきているのです。

 中国は日本を抜いて米国債の最大の保有者なのですが、今年の2月には、米国債の保有額で6年ぶりに首位の座を日本に明け渡しました。その理由は、中国の景気減速とアジア地域へのインフラ投資です。

 これまで中国は、人民元の上昇を防ぐために、積極的に人民元売り・ドル買いの為替介入を行ってきました。
しかし、景気の減速が顕著になってきたことから、為替市場では人民元安が続いています。このため中国はドル買い介入を手控えており、これによって中国の米国債の保有残高が減少したと考えられます。

 また、中国は、アジアインフラ投資銀行(AIIB)をはじめ、中国独自のアジア・ファンドであるシルクロード基金の設立など、アジア地域への投資スキームを矢継ぎ早に打ち出しています。
これらの投資の原資となるのは、中国が保有する巨額の外貨準備なのですが、これまで米国債という形で「寝かせていた」資金を、こうしたインフラ投資に動かし始めている可能性があります。

 日本はこれまで一貫して米国債を購入していましたが、米国金融市場の安定化を最優先しており、資金を勝手に動かすことはしてきませんでした。当然のことながら、中国にはこうした配慮はありません。
中国の経済規模はすでに日本の2倍となっていますから、中国の資金の動きが、国際的な金融市場に与える影響は今後、ますます大きくなってくるでしょう。
http://thepage.jp/detail/20150424-00000005-wordleaf


続きを読む

不妊の義兄嫁がウチの息子を『お寺の養子』にさせて欲しいと泣きついてきた「義兄と離婚になる!親もお寺を追い出される!」

165 :名無しさん@HOME :2015/04/26(日) 19:31:27.32 ID:???

すいません、混乱してるのでご意見ください。
当方は夫婦そろって普通の家庭で育ったので寺の事情とか全く和kらないので・・・・
フェイクを入れるつもりですがうまく書ける自信も知識もありません。

夫は次男で長男はお嫁さんの実家の寺へ婿養子に入り、義両親は「跡継ぎとか大仰な家じゃないから」という気楽なスタンスで助かっています。
義実家の敷地内で義妹一家が家を建てて住んでいます。
義実家、我が家、義兄家はそれぞれ別の県(隣接かそれに近い距離)で住まっています。

先日義兄夫婦がいきなり会いに来ました。
義兄家に子供ができなくて、検査したところ双方に問題ありでむつかしいそうです。
うちの息子三人の誰かを「お寺の養子」として登録させてほしいと言う話をしに来ました。
聞いた瞬間に速攻で断りましたが、いろいろと根深いようで困っています。

私の夫も詳しく聞くと関わりができそうで突き詰めて質問はしなかったのであやふやな面があると思いますが、
戸籍上の養子ではなく「お寺の養子」だと言います。
必ずしもお寺を継ぐ必要はない、お寺の養子になったら月々の学資の援助をするからいい話でしょう、と言われました。
話しを聞いてすぐ断ったら、ありえないという顔でもう一度説明しようとしたのでもう一回断りました。
そうしたら義兄嫁が「義兄と離婚になる、親もお寺を追い出される」と泣きはじめ、私たちはそのまま帰りました。

その後も義兄嫁から気を替えてくれるように電話が着ます。
義両親はどっちも大事な息子なので関われない、といいました。
お寺を追い出されると言うのが胡散臭い、子供目当てではなかろうかというのが私と夫の共通意見です。

ご意見いただけますと助かります。


続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク